1砂漠のマスカレード ★2019/07/15(月) 06:51:19.11ID:E+GH0WXv9 9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川さん(享年87)について、ジャニーズの“次男”東山紀之(52)が、
メインキャスターを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!」で“長男”近藤真彦(54)、“後継者”滝沢秀明氏(37)とともに過ごした最期の病室の様子を明かした。

“子供たち”約150人で行った「家族葬」から2日がたった。悲しみは、そう簡単には癒えない。
東山は番組で、胸に残る後悔を明かした。

ジャニーさんは9日午後4時47分、息を引き取った。「3分から5分遅れて行ったんですが。
既にマッチさん(近藤真彦)と滝沢(秀明・ジャニーズアイランド社長)が号泣していて、ああ…間に合わなかったなと。
『間に合わなくてホントごめんなさい』と」と悔やんだ。

病室でジャニーさんに寄り添う近藤に代わり、亡くなったばかりの“父”の手を握ったという。
「まだ温かくて、心臓が止まったようには見えなかった。このまま起き上がって『ユー、何しているの』と言いそうな雰囲気だった。
それがジャニーさんとの最期だった」と振り返った。

一代でアイドル帝国を築きながら、“裏方”に徹して生涯を終えたジャニーさん。
「ユーお魚の食べ方うまいね。プロ級だよ」というのが、唯一、褒められた言葉だったという。
東山はその姿を思い浮かべながら「ジャニーさんとの出会いによって、ここに存在しているわけですから、やっぱり親だと思う。
これだけ顔も知らない、声も知らないのに、でもこんなに知られている人って世界にいないんじゃないか。
いつも期待していてくれて、見守ってくれていた」と感謝の思いをかみ締めた。

https://news.livedoor.com/article/detail/16774785/
2019年7月15日 6時2分 スポーツ報知

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/6/068da_60_8707f39e_6d3d33b0.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=wNwazr0sA_o
鏡花水月

powered by Auto Youtube Summarize