紙屋悦子の青春

劇作家・松田正隆の戯曲を「美しい夏キリシマ」の黒木和雄監督が映画化した戦争ドラマ。太平洋戦争末期を舞台に、海軍航空隊に所属する2人の若者と、一人の純朴な女性との瑞々しくも切ない恋と友情を静かに見つめる。黒木監督は本作の公開を控えた2006年4月12日に急逝され、これが遺作となった。

昭和20年の春、鹿児島の片田舎。両親を失ったばかりの紙屋悦子は、優しい兄夫婦と3人で慎ましい毎日を送っていた。彼女は海軍航空隊に所属する明石少尉に秘かな想いを寄せていた。ところが悦子に別の男性との縁談が持ち上がる。相手は明石の親友、永与少尉だった。それは明石自身も望んでいることだと聞かされ、深く傷つく悦子だったが…。

製作国:日本 / 製作年:2006年 / 日本公開日:2006年8月12日 / 上映時間:111分

キャスト
原田知世、永瀬正敏、松岡俊介、本上まなみ、小林薫

【 YOUTUBE 】 【 無料映画 】 【 とれまが 】

スタッフ
監督:黒木和雄
製作:川城和実、松原守道、亀山慶二、多井久晃、鈴木ワタル
企画:深田誠剛、久保忠佳、梅沢道彦
プロデューサー:河野聡、内藤和也、杉山登、大橋孝史、磯田修一
原作:松田正隆
脚本:黒木和雄、山田英樹
撮影:川上皓市
美術:安宅紀史
美術監督:木村威夫
衣装デザイン:宮本茉莉
編集:奥原好幸
音楽:松村禎三

無料映画】【TOREMAGA】【人気ブログランキング】【無料動画
toremaga】【FC2RANKING】【BLOGRANKING】【とれまが

映画を見る】【GyaO】【toremaga】【FC2Rank
動画を見る】【FC2 ブログランキング】【ブログの殿堂】【blogranking

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事