1Egg ★2019/07/31(水) 14:37:51.84ID:7uNxcPCz9 18歳MFの働きを絶賛
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190731-00010003-goal-000-3-view.jpg

厳しいプレシーズンが続くレアル・マドリーだが、MF久保建英への期待は高まっているようだ。スペイン『ElDesmarque』が伝えた。

久保の同年代は“怪物”だらけ?CLを戦った東京五輪世代ベスト11を選出

来季のリーガ、チャンピオンズリーグ覇権奪還に向けて準備を進めるレアル・マドリーだが、これまでは難しいプレシーズンとなっている。30日に行われたトッテナムとのアウディ・カップでは、主力を軒並み先発起用したものの22分に失点。最後まで得点を奪えず、0-1で敗れた。

この試合では、久保は80分から出場。出場は10分と短かったものの、確かな爪痕を残したようだ。『ElDesmarque』は「クボは失望させることはなかった」と題し、18歳の日本代表MFのプレーに賛辞を送っている。

「再び敗北した。だが、この試合はいくつかのポジティブな面を残している。そのうちの1つが、タケフサ・クボだ」

「この日本人は、レアル・マドリーが彼に賭けた理由を説明するための時間をジネディーヌ・ジダンに与えられているが、それを利用している。バイエルンとの試合ではボールを持つ中でのリーダーであり、18歳にも関わらずそのパーソナリティを見せつけた」

「そして、火曜日の試合ではまたしてもチーム最大のセンセーションだった。たった10分しかなかったにも関わらず。クボとヴィニシウス(ジュニオール)、ロドリゴだけが良い印象を与えた。このMFはアクティブで、常に飢え、我慢し、相手ゴールに危険を与えようとした。クボは絶えず熱意を見せていた」

プレシーズンマッチ4試合で1分3敗13失点と厳しい状況が続き、サポーターの不満が高まっているレアル・マドリー。そんな中で、久保は確かな評価を受けているようだ。

7/31(水) 7:02配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00010003-goal-socc

スペイン全国紙『AS』のトマス・ロンセロ記者は、以下のようにゲームを総括している

「ロドリゴ(・ゴエス)は素晴らしかっただろう。トッテナム戦では主に左サイドでプレーしたが、躍動感があって印象的だった。クボもまた、限られた出場時間のなかで印象的な出来を披露。わずか10分間ではもったいない。もっと観たいと思わせるプレーを連続させていた。ジズーは彼らにより多くの機会を与えるべきだろう」

 日本代表FW久保建英は、ロドリゴに代わって80分に登場。いきなりパスミスを犯すなど、入りは決してスムーズではなかったが、右サイドで徐々に持ち味を発揮。84分にヴィニシウス・ジュニオールのクロスのこぼれ球を右足ボレーで狙うビッグチャンスを迎えたが、これは惜しくも枠を捉えられなかった。ほかにも強烈なミドルシュート、鋭いカットインからの左足弾を放ち、常にボールを呼び込むなど、積極果敢にスパーズ・ゴールに迫った。

 さらに『AS』紙は、出場全選手に寸評を付けるコーナーでも久保のパフォーマンスを絶賛。「巡ってきた出場機会で3本のシュートを放ってみせた」と記し、「最後の数分間、彼が(マドリーの攻撃に)電流を走らせた」と称えている。

7/31(水) 5:08サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00010000-sdigestw-socc

レアル久保、トットナム戦途中出場で強烈存在感 英紙も感銘「名前を覚えておいて」
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00207347-soccermzw-socc

1 Egg ★ 2019/07/31(水) 09:02:07.32
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564531327/

299名無しさん@恐縮です2019/07/31(水) 19:16:09.08ID:/vUtaCbt0

マルセロとラモスの連携ミスのとこ何度見てもヴィッセルレベルで笑える

199名無しさん@恐縮です2019/07/31(水) 17:54:39.62ID:U85vmGQt0

筋力がまだまだ足りないね
じっくり育成すべき