アウシュビッツ ホロコーストガス室の戦慄

「デス・リベンジ」シリーズのウーヴェ・ボル監督が、ドイツの若者たちの中で薄れゆくナチスの記憶を描き、世界に問題提起した意欲作。アウシュビッツの存在を否定する高校生へのインタビューと並行して、収容所での「普通の1日」が描かれる。

作品を発表するたび賛否両論の嵐を巻き起こしながらも、コンスタントに映画を製作し、確実にファンを増やし続けているドイツの映画監督・俳優ウーヴェ・ボル。彼は前作「ダルフール・ウォー熱砂の虐殺」での熱が冷めやらぬ間に、第二次大戦時の独裁者ヒトラーや、人類浄化計画を目的に建設したアウシュビッツ「地獄の門」に関する構想を描き始めていた。その矢先、現代ドイツの若者がアウシュビッツの存在を否定する現場に遭遇、ボルを愕然とさせる。このままでは「アウシュビッツ」はなかったことにされてしまう…。

原題:AUSCHWITZ / 製作国:ドイツ / 製作年:2011年 / 日本劇場公開日:未公開 / 配給:彩プロ / 上映時間:74分

キャスト
ウーヴェ・ボル、マクシミリアン・ガルトナー、シュテフェン・メネケス、アルヴェト・ビルンバウム

【 YOUTUBE 】 【 無料映画 】 【 とれまが 】

スタッフ
監督:ウーヴェ・ボル
製作:ウーヴェ・ボル、ダン・クラーク
脚本:ウーヴェ・ボル
撮影:マティアス・ニューマン
プロダクションデザイン:マルコ・ビットナー・ロッサー
衣装デザイン:カトリーナ・マッカーシー
音楽:ジェシカ・デ・ローイ

映画を見る】【GyaO字幕】【toremaga】【FC2Rank
動画を見る】【FC2 ブログランキング】【ブログの殿堂】【blogranking

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事