プレイエンジェル Vol.1

昭和二十年八月十五日―。太平洋戦争終結の瞬間に至るまでの激動の24時間を描く大宅壮一(実際には半藤一利)の同名ノンフィクションを「殺人狂時代」の岡本喜八監督が映画化した戦争ドラマ。宮城内地下防空壕の御前会議から、ポツダム宣言受諾をめぐる陸軍省、総理官邸の動き、玉音放送と玉音盤奪還などがスリリングに語られる。

広島と長崎への原爆投下やソ連の参戦など、日本の敗戦が決定的となった昭和二十年八月、特別御前会議でポツダム宣言の受諾が正式に決定した。だが終戦に反対する陸軍将校たちはクーデターを計画、一方、終戦処理を進める政府は天皇陛下による玉音放送を閣議決定する。終戦反対派は各部隊ごとにバラバラに行動を開始、やがて終戦を受け入れようとする師団長を射殺したり、玉音放送を中止すべく録音物を奪取しようとするなど、その行動が徐々にエスカレートしていく…。

製作国:日本 / 製作年:1967年 / 日本劇場公開日:1967年8月3日 / 上映時間:157分

キャスト
浦六宏、笠智衆、山村聡、三船敏郎、小杉義男、志村喬、高橋悦史、井上孝雄、中丸忠雄、黒沢年男

【 YOUTUBE 】 【 無料映画 】 【 とれまが 】

スタッフ
監督:岡本喜八
製作:藤本真澄、田中友幸
原作:大宅壮一「日本のいちばん長い日」
脚本:橋本忍
撮影:村井博
美術:阿久根厳
編集:黒岩義民
音楽:佐藤勝
監督助手:渡辺邦彦、山本迪夫
ナレーション:仲代達矢

無料映画】【TOREMAGA】【人気ブログランキング】【無料動画
toremaga】【FC2RANKING】【BLOGRANKING】【とれまが

映画を見る】【nico1/4】【2/4】【3/4】【4/4】【toremaga】【FC2Rank
動画を見る】【FC2 ブログランキング】【ブログの殿堂】【blogranking

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事