nihonchizu

[ 1 ]
「自分で国や社会を変えられる」と思う日本の若者は5人に1人しかおらず、国や社会に対する意識の低さが浮き彫りになりました。

日本財団が日本やアメリカ、イギリス、中国、韓国やインドなど9カ国の17歳から19歳、それぞれ1000人を対象にした調査によりますと、
「自分で国や社会を変えられる」と考える日本の若者は18.3%で、
残り8カ国で最も低い韓国の半数以下となっています。

また、「将来の夢を持っている」「国に解決したい社会課題がある」という質問への回答も他国と比べて30%近く低い数字でした。

さらに、「自分の国の将来についてどう思うか」という質問に
「良くなる」と答えた日本の若者は9.6%で、9カ国中最低となり、トップの中国の10分の1にとどまりました。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000170681.html


続きを読む

Source: http://twintailsokuhou.blog.jp/

おすすめの記事