ハッカー
    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/01/06(月) 00:56:14.80 ID:Xn6PsllS9.net

    【AFP=時事】イランのハッカーと名乗るグループが4日、知名度の低い米政府機関のウェブサイトに侵入し、イラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊(Quds Force)」のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)司令官が米国の攻撃で殺害されたことをめぐって、米政府への報復を誓うメッセージを掲載した。

    ハッキングを受けたのは、連邦政府刊行物寄託図書館制度(FDLP)のウェブサイト。同サイトは、「イランのハッカーたち!」と題された黒一色を背にしたページに差し替えられた。表示された画像には、イランの最高指導者アリ・ハメネイ(Ali Khamenei)師と同国の国旗が掲載された。

    またミサイルが飛ぶ中、イランから繰り出された拳でパンチを食らうドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が描かれており、「殉教は、(ソレイマニ司令官の)長年にわたる執念深い努力への褒美だ」「彼(ソレイマニ氏)の旅立ちと神の力によって、彼の業績と道のりが終わるということにはならない。汚れた手が彼や他の殉教者らの血で染まった犯罪者らには、重大な報復が待っている」とメッセージが書かれていた。

    さらに同ページの別の箇所では、白い文字で「これはイランのサイバー能力のごく一部にすぎない!」との主張も記されていた。【翻訳編集】 AFPBB News

    1/5(日) 23:07
    AFP=時事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000025-jij_afp-int
    no title

    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/01/06(月) 00:58:13.62 ID:qjhu+tTv0.net


    いい顔w


続きを読む

Source: http://www.negisoku.com/

おすすめの記事