1Egg ★2020/01/03(金) 08:38:07.90ID:1olClp4W9 https://amd.c.yimg.jp/amd/20200102-00321889-toyo-000-3-view.jpg
 20歳前後の大学生は、ゴルフにどんなイメージを持っているのだろうか? 

 2019年に、筆者の所属する日本ゴルフジャーナリスト協会(JGJA)が、武蔵野美術大学(武蔵野美大)で「ゴルフビジネス論」という講義を行うことになり、JGJAに所属する会員が専門に応じて前期、後期で1コマずつを担当。その中で「青少年にゴルフを あの手この手」というテーマで2回、講義をした。

大学での講義、筆者自身が受けたのはもう40年ぐらい前なので、今の大学の雰囲気を見るのもよいかと思った。なにより、ゴルフ界はこのコラムで何度も書いてきたが、ゴルフ人口減で困っている。「若い世代にゴルフをやってもらいたい」という切実な希望もある。

その対象世代のゴルフに対するイメージなどを生で聞ける機会だった。講義を提案したのはJGJA会員で、ゴルフ界の実情を知る武蔵野美大の北徹朗准教授。以前紹介したが、2015年のゴルフビジネスフォーラムで大学の体育授業での用具の貧弱さを訴え、ゴルフ業界を動かした。

■ゴルフに対する「負」のイメージがある学生たち

 結論から言うと、講義を受けた大学生のほとんどがゴルフをやっていない、やったことがない。ゴルフに対するイメージは「高い、時間がかかる(遠い)」。これらは「想定内」ではあるのだが、実際に聞く、見ると「やはり」と思う。

 講義では、まずゴルフ界の現状を伝えた。ゴルフと他のスポーツの年齢別人口で野球やサッカーは20代までは圧倒的に多いが、40歳代でゴルフが逆転、50代ではボウリングも上回ること(総務省2016年社会生活基本調査)、ゴルフは何歳からでも始められるスポーツであることなどを説明し、ゴルフを始めるにあたっての初期費用や、用具の種類などを紹介した。

 その上で「高い、時間がかかる」ほかさまざまな「ハードル」に対して、徐々に料金が安くなり、ドレスコードも緩やかなコースもあり、車がなくても行きやすくなりつつあること、クラブをレンタルできるコースがあること、ルールもプライベートなら仲間内でも決めごとをつくれる(OKパットなど)というような、ゴルフ界全体とまではいかないが、ハードルを低くするようになってきていることを話した。

つづく

1/2(木) 5:40配信 東洋経済
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200102-00321889-toyo-soci

990名無しさん@恐縮です2020/01/03(金) 14:45:42.45ID:coZZGaHG0 何かしらの動機無ければ進んで始めるスポーツではないよね

851名無しさん@恐縮です2020/01/03(金) 13:39:37.83ID:5SbYL7oF0 仕事でゴルフ業界と関わった事あるけど
うっざい老害ばっかりでパワハラ横行
ルール無視の横紙やぶり当たり前
媚び売りおっさんや胡散臭いオバハン多数

もともと興味なしだったのが死ぬほど大嫌いになった

14名無しさん@恐縮です2020/01/03(金) 08:44:10.27ID:cTJ1ke0P0 スキーも麻雀もネットが無い時代だからやれた
外国では時代が変わってもスキー大好きーな人たちがいるから日本のスキー場に来るけど、日本人はもう戻らないな