心の傷を癒すということ ドラマ動画1話/1月18日/森山直太朗/無料視聴/ /NHK1月18日まとめ

 

2020年1月18日21時からNHK総合で『【土曜ドラマ】心の傷を癒すということ (1)「神戸、青春の街」』が放送されます

 

心の傷を癒すということ/
動画1話無料視聴NHK1月18日まとめ
 
につきましては下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

心の傷を癒すということ/動画1話ドラマ無料視聴NHK1月18日まとめ
 

心の傷を癒すということ /動画/第1話番組内容

 

大学生の安和隆(柄本佑)は、精神科医の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)の猛反対を受けて思い悩む…そんな和隆が暮らす神戸の街を、1995年1月、大地震が襲う。

番組内容
ジャズピアノと読書を愛する安和隆(柄本佑)は、幼い時に両親が韓国生まれと知って以来、自分が何者なのか模索していた。やがて親友の湯浅(濱田岳)と同じ大学の医学部に進み青春をおう歌。映画をきっかけに出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。大学では精神科医の永野教授(近藤正臣)の影響で精神科の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)からは猛反対を受け…そんな和隆が暮らす神戸の街を、1995年1月、大地震が襲う

 

心の傷を癒すということ キャスト

 

柄本佑,尾野真千子,濱田岳,森山直太朗,浅香航大,清水くるみ,上川周作,濱田マリ,趙 和,石橋凌,キムラ緑子,近藤正臣

 

心の傷を癒すということ/動画1話ドラマ無料視聴NHK1月18日みどころ

 
阪神淡路大震災のときにはまだ幼くて、実際どのような揺れだったのかだったり、どれだけ町が壊れてしまったのか、どれだけの人たちが困ってしまったのか、悲しい気持ちになってしまったのかを全く想像できずにいました。

と言うよりは、自分が想像しているよりももっと大変なことだったのだろうと思うのです。

そんな中、人々を救おうと奮闘していた精神科医がいることをこのドラマの予告ではじめて知りました。大きな災害だったので、家族をなくしてしまった人だったり大切なものを失ってしまって自分の人生が代わり、誰のせいにもできずに心が病んでしまった人はたくさんいるでしょう。その人たちを救っていくヒューマンドラマなので、更に阪神淡路大震災をよく知ることができるのでは?と日本人として見なくてはいけない気持ちになっています。

どんな気持ちになってどんな思いをしてきた人たちがいたのか、どんな相談があったのかだったり、精神科医はどんな人で回りの人たちにどう思われて愛されてきたのか、その時代のことを教えてくれる大切なドラマだと思います。

キャストも演技が上手いことで定評があるひとたちばかりなので、リアルに演じてくれるでしょうし楽しみです。
 

『心の傷を癒すということ』、ずっと前から放送される日を待ち遠しく感じていました。なぜなら私自身も阪神大震災を経験していること、そしてこのドラマの主人公である精神科医の生涯について以前から知っており非常に感銘を受けた経験から、一度しっかりと映像で見てみたいと思っていたからです。

特に第一話では、主人公が自身の出自について知り自分を模索する姿、自身の将来の希望と親の思いとの間で悩む姿など、阪神大震災前の姿というものが描かれています。

私が知っているのは阪神大震災後の心のケアに奮闘する精神科医としての姿ですので、精神科医になる前の姿というものはほとんど知りません。

精神科医になると決めたものは何だったのか?何が彼を突き動かしたのか?非常に興味がありますし、この時期の悩みが阪神大震災後の彼の活動に大きな影響を与えたのではないかと考えているので、その場面に関しては楽しみにしています。

そしてこのドラマでは、主人公を柄本佑さんが演じますが、非常にモデルの精神科医に似ていて驚きました。柄本佑さんは私の好きな俳優さんの一人なのですが、この主人公を演じるに当たってはこれほど相応しい人はいないのではないかと思います。

このドラマはヒューマンドラマであり、一人の医師の生きざまやそれを通して阪神大震災が描かれています。

非常に辛いシーンもあるかと思いますが、主人公の暖かい人柄も描かれています。柄本佑さんならその世界を見事に作り出してくれるのではないかと期待しています。また主人公の妻をはじめとして脇を固める俳優が関西出身の俳優で固められている点にもすごく注目しています。やはり大阪や神戸が舞台となっていますので、関西出身の俳優が多く出演していると、それだけで視聴者に伝わる雰囲気が全然違います。

ですので同じく関西出身の私としては非常に楽しみです。また主人公の兄役で森山直太朗さんが出演されますが、個人的にはどんな演技を見せてくれるのかと楽しみにしています。

心の傷を癒すということ/動画1話ドラマ無料視聴NHK1月18日感想やネタバレ

 

安和隆(柄本佑)は終子(尾野真千子)と恋に落ちる、二人の恋とその後がすごく気になる2人とも韓国の血があって、惹かれあったんだろうか
安和隆(柄本佑)には限りないあたたかさを感じるし
終子(尾野真千子)にも温かさのようなものを感じるので
2人の穏やかな幸せがどのように描かれるのか楽しみにしている

心を描くにあたってとてもいいキャストだと思う。
あたたかいキャストが残酷さを経験した人傷をどのように癒していくのか
とても気になります

安哲圭(石橋凌)さんの父親っぷりは又期待できると思います
在日韓国人一世の実業家である父が、息子に期待しお金をかけてきたんだろうし
父の威厳はどこまで通用するのかな
朴美里(キムラ緑子)さんの父子の不仲にどう仲裁役を発揮するのかも楽しみですね。
きっぱりしている性格ではなく温かく見守る役柄と言うことで楽しみです。

さすがのNHK豪華キャストですね。

新島聡子(平岩紙)さんも結婚したてで注目されている女優さんです。
定評がある落ち着きが魅力ですね。

湯浅浩二(濱田岳)さんが昔からのお友達と言うことで、
青春蒔から心の支えの役割として、活躍されるとこでしょう。
また面白い演技が見られるのでしょうか。

心の傷を癒すということ/動画1話キャスト出演者

 
発生から25年経つ、阪神大震災を題材にした『心の傷を癒すということ』というドラマ。とてもデリケートなテーマが描かれるこのドラマには、どんなキャストをあてるかが大切なポイントだっただろうなと思います。

主人公の柄本佑さんの持っておられる何とも言えない土臭い雰囲気と個性が、このドラマにはピッタリ合うような気がしました。

このドラマの主人公のモデルになっている先生の写真がTVで出ていましたが、柄本佑さんが見た目でも似せておられるのを感じました。柄本さんがどうこのドラマの内容や主人公の人生を咀嚼して、表現していかれるのか興味があります。

あるNHKのバラエティー番組に出ておられた森山直太朗さんは、ものすごく関西弁に苦労したことを語ってらっしゃいました。

自分は音楽をやっている人間なので、音の高低やリズムを掴むのは得意なはずなのに、方言指導の先生の言っていることがさっぱり理解できない、自分の発音と注意された正しい発音がどう違うのか分からなかったとのこと。

確かに関西人からすると「演じている関西弁のぎこちなさ」に注意が行ってしまうことがあります。

その点では奈良出身の尾野真千子さんの「自然な関西弁」がどう物語を飾っていくのか見ものです。

でも、音楽人である森山直太朗さんが役を通してこの作品をどのように「演技」という表現に昇華させたかも楽しみです。

このドラマに森山直太朗さんが、出演していることにとても魅力に感じます。
森山さんというと歌唱力の高い歌手ですが、彼がどんな演技を見せてくれている
のかもかなり期待しています。

ドラマのストーリーも実在の人物をモデルにしており、阪神淡路の震災から25年という節目の年に描かれたドラマということで、余計に物語に重みを感じます。

震災の時に精神科医として被災者に寄り添っていた人の存在を知らなかったので、とても興味を持つことが出来ます。

とくにその精神科医を柄本佑さんが演じており、彼がどんな精神科医を演じてくれているのか楽しみにしています。

このモデルとなった精神科医の安さんが、若くして亡くなられておりすでにいないことは衝撃ですが、ドラマという形で安さんがどんな形で精神科医として生きたのかが描かれているのは見てみたいという気持ちにさせてくれます。

他にも出演している俳優さんたちが、演技力の高い俳優さんばかりでどんな演技を見せてくれるのかも楽しみです。

とくにこのドラマでは夫婦の愛も描かれているようなので、どんな夫婦の愛が描かれているのかも期待しています。
妻役を演じる尾野真千子さんも数多くのドラマに出演されており演技力が高い、女優さんなので楽しみにしています。

主人公役の柄本佑さんはどこから見てもイケメンの俳優さんというわけではないですが表情、しぐさ、姿勢、声のトーンや質感などで優しさや厳しさ、色気や狂気性を表現する方なので見るたびに違った印象を与えてくれる魅力の多い方だと思っています。なのでこのドラマのPR動画を見て安和隆役がぴったりというか、これ以上の人はいないと思わせてくれる何かを発してる気がしました!

さらに個人的な印象ですが、関西の独特のイントネーションは何を話していても強い印象を持ってしまうことが多いです。でも柄本さんが話している言葉はしっかりと感情が伝わってきて、心を揺さぶられる感じがあったので本編でこの声を聞いたら泣いちゃうなと思いました。

ピアノを弾いているシーンもプロの自信に満ち溢れた感じの弾き方ではなく、傷ついている人の心に届けばいいなというような優しい雰囲気があって阪神淡路大震災という重いテーマのドラマの中で見る人の心も癒してくれそうだと感じました。

親友役の濱田岳さんは明るい感じで安を支えてくれる役なのかなと思いましたが震災後に安が湯浅を励ますシーンがあったので、父親に精神科医になることを残念がられて縮こまっていた安の成長を柄本さんが演技でどう魅せてくれるのかとても楽しみです!

まとめ

 
主人公の精神科医・安和隆を演じるのは柄本佑さんで、その兄役を演じるのは何とNHKドラマ初出演となる森山直太朗さんです。

森山直太朗さんといえば、「さくら」が有名で、歌手として活動されていますが、彼が演技をしているのは初耳でした。

これは要チェックだと思います。

森山直太朗さんは、たまにバラエティー番組さにも出演されていて、トークが面白くて独特の感性の持ち主だと思うことがよくあります。
演技でも彼のこだわりを見ることができればいいなと思います。
森山直太朗さんのお母様・森山良子さんも映画やドラマで活躍されていて、家族そろって音楽もできて演技もできてマルチな才能をお持ちで羨ましいです。

このドラマは、阪神大震災の時に被災者の心のケアをした精神科医の安和隆さんが主人公で、その兄役を演じる森山直太朗は難しい役どろ子になると思います。

混乱する阪神大震災の時に、人々の心のケアをした主人公だけではなく、その周りで主人公を支えている人々の様子など、震災から25年がたった今改めてドラマで見たいと思います。

 

心の傷を癒すということ/動画1話ドラマ無料視聴NHK1月18日まとめpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

心の傷を癒すということ/動画1話ドラマ無料視聴NHK1月18日まとめ
 

Source: https://g-sword.jp/feed/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事