fruit_slice09_lemon
[ 1 ]
コカ・コーラボトラーズジャパン(CCBJI)は16日、缶酎ハイ「檸檬堂」の出荷を一時取りやめると発表した。
2019年10月に全国で発売して以降、販売が想定よりも伸び、生産が追いつかないためとしている。1月中の出荷再開を目指す。

展開する「定番レモン」「塩レモン」「はちみつレモン」「鬼レモン」の4品全ての出荷を一時的に休止する。
同社は「販売数が予想をはるかに上回り、店頭でも品薄の状態となっている」としており、在庫を十分に確保できる体制を整えて出荷を再開する方針だ。

檸檬堂は日本コカ・コーラが開発し、18年5月に九州で販売を開始。
19年10月に全国に広げた。世界のコカ・コーラグループでも自社ブランドのアルコール飲料を手掛けるのは初めてで、売れ行きが注目されていた。

4種類の味に応じて、アルコール度数が3~9%と幅があるのが特徴だ。
小売店の販売データを集計する日経POS(販売時点情報管理)によると、19年11~12月は5%の「定番レモン」(350ミリリットル)が缶酎ハイ部門で売り上げ首位、9%の「鬼レモン」(同)も5位だった。

CCBJIは全国拡販に合わせ、埼玉県の自社工場で生産ラインを新設した。
現在は山口県の飲料メーカーの委託を含め2拠点で生産しているが、想定以上の需要の伸びに対応できなくなった。

ソース
https://trib.al/FENzFaM


続きを読む

Source: http://twintailsokuhou.blog.jp/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事