推し武道館 アニメ 動画3話 無料視聴!1月24日放送分/見逃し配信/再放送

 

2020年1月23日25時28分からTBSテレビで『推しが武道館いってくれたら死ぬ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ/アニメ/動画3話
 

推しが武道館いってくれたら死ぬ /番組内容

 

Episode3「ぼくの全てが君だった」 中学生の頃、たった一人の誰かをずっと特別に思うことなんかないと思っていた空音。 しかし、『ChamJam』メンバーになってからの日々は空音の気持ちをゆっくりと確実に変えていった。 れおを尊敬し、れおがセンターでい続けることを願う空音だったが、アイドルとして致命的な事件が起きてしまう…。

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ キャスト

 

えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 寺本優佳:和多田美咲 水守ゆめ莉:石原夏織 横田文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ 音楽

 

OPテーマ 「Clover wish」 歌:Cham Jam

EDテーマ 「桃色片想い」 歌:えりぴよ(CV:ファイルーズあい)

 

推し武道館 アニメ 動画3話ストーリー性

 

絵柄はきれいで、中身はオタクのギャグアニメとはじめは思っていましたがなかなかに王道の恋愛ものかもしれないと思いました。

舞菜推し(ファンの事)のえりぴよは、他のアイドルの推しであるくまさからコンサートに行こうと誘われるが舞菜が出ないので行くことをためらいっていました。

しかし、コンサート会場では舞菜がウエディングドレス姿で現れます。

そしてラストシーンでは短冊に舞菜ファンからのメッセージが寄せられます(えりぴよのメッセージはネタバレのため伏せます)。

アイドルに詳しくないので知らなかったのですが、ファンにも事前に出演者が知らされていないとは思わなかったので、えりぴよに共感してしまいました。自分が推しているアイドルが今回出るか出ないかはここまで悩みの種になるとは思いませんでした。

もう1つ、切ないなあと思ったのが、えりぴよが工場でバイトするシーンです。

好きなアイドルに会うためにひたすら辛い労働に耐えるえりぴよを見ているといたたまれなくなりました。
えりぴよは女の子ですが、男性のアイドルオタク諸氏にとってもこのアニメは身につまされる思いで見ることができるハイクオリティなアニメなので、3話にも期待です。

 

推し武道館 アニメ 動画3話みどころ

 

、ついにえりぴよ以外の舞菜推しが現れるということなので、その人物がどんな人なんだろうかととても楽しみにしています。
良い人ならえりぴよの推し仲間になってくれるだらうけど、もしかしたら舞菜のファン1番を巡って争うようなことになったりするのかなとドキドキします。
えりぴよは今ですら人生の全てを舞菜にかけているのに、なんだかさらに無茶をしてしまいそうな予感がします。
また、舞菜はえりぴよに相変わらずの塩対応だそうだけど、心ではえりぴよのことわどう思っているんだろうかと気になりました。

ガールズフェスタでえりぴよに応援されたことに感激していたし、少しはえりぴよに対して心を開いたんじゃないかなと思いました。

さらに、空音推しのガチ恋勢である基が、テニスはチャラいなんて大騒ぎをするらしいけど、どうしたんだろうかと気になりました。

しかも、空想の中では空音がテニスラケットの上にカレーライスを乗せていたし、一体どんな妄想をしてるんだろうかと笑えました。

基がどんなふうに空音との妄想を繰り広げ、えりぴよたちがそれをどんなふうに冷たくあしらうのかを楽しみにしています。

次回もえりぴよの熱い推しへの想いを楽しみにしています。
 

推し武道館 アニメ 動画3話感想やネタバレ

 

ガールズフェスタというおしゃれな空間に、えりぴよはまさかのいつものサーモンピンクのジャージだし、くまさもヲタクオーラ全開だし、とんでもなく浮いちゃっててびっくりでした。
しかも、周りに馴染むために、知らないモデルの子に対してカワイイと声援を送ったのに、それすら気持ち悪いと思われるなんてなんだか可哀想でした。

だけど、この後の舞菜がランウェイに登場するシーンがめちゃくちゃ感動でした。

舞菜が登場した瞬間、えりぴよの見ている景色や空気が一瞬で変わって、えりぴよの感動の気持ちがとても伝わってきました。

しかも、舞菜もえりぴよがこんなところまで応援に来てくれたことに対して涙を流していて、ものすごく感動しました。

自分のことを見に来てくれる人なんていないんじゃないかという不安が、えりぴよのおかげで一気に消えたんだろうなと思いました。

ひとりの人の応援がここまで頑張っているアイドルの心を動かすのかと、とても感動でいっぱいになりました。

えりぴよの行動はちょっと行き過ぎなところもあるけど、それがとてもおもしろかわいく描かれているところがとても好きです。

 

まとめ

 

これまで、AKBや○○坂シリーズのグループで、一躍有名になったオタクを描いたストーリーですが、「推しが武道館行ってくれたら死ぬ!」と思っている人たちは、この世の中に一定数いらっしゃるのではないでしょうか。

わたしは、そうした感情とは無縁ではありますが、こうした視点でのアニメというのは初めてだと思いますので、そうした方々の気持ちや感情、そしてなぜその推しを応援するに至り、私財をはたいてまで、応援し続けるのかという心情まで描いてほしいと思っています。
もはや、そうしたアイドル人気というのは一部の方のも
のではなく、ニュースや新聞に取り上げられるほどのムーブメントとなっていますので、そうした気持ちを知れる、あるいはさらにそうした人気を押し上げる為にもこうしたアニメというのは、面白いと思います。

武道館は、ロックスターやバンド、そして様々な分野の聖地とされる場所ですので、なぜ、応援する人は自分がそこにあがるのではなく、応援する対象がそこに行く事で満足感を得られるのか、というのは、心理学的にも面白い観点だと思いますし、そうした研究等があっても良いなと思います。

今後ストーリーが展開されていく中で、主人公とアイドルがどの様な関係性になっていくのか、注目です。
 

『推しが武道館いってくれたら死ぬ!』の楽しみな点は、このアニメを通して「応援すること」のパワーを感じることです。
この作品の主人公のえりぴよは、まだ有名ではない女性アイドルグループのメンバーの一人・舞菜を特に応援する、いわゆる「推し」のために人生を捧げている女の子です。

1話から3話では、そんなえりぴよが推しを一目見たり、グッズを購入するために何時間も列に並んだり、苦労して手に入れたバイト代をすべてアイドルのチケットやグッズ、CDの購入などに費やすという一生懸命な応援を見せてくれました。

更に、一見大変そうに見える応援活動に少しも辛さは見せず、ひたすら楽しそうに舞菜の幸せを願うという姿に胸を打たれました。

誰かを応援することで、応援されている人だけでなく、応援する人も助けられているんだと実感することが出来ます。

ギャグ要素が多く一見コミカルな作品ですが、アイドルに限らず、ミュージシャンやスポーツ選手、身近な人など様々な人への応援について考えさせられる素敵な作品です。
応援している人がいる人なら誰しもが共感できる内容ですし、まだそういった人がいないという方でも、応援の素晴らしさを感じることが出来ます。
4話からも、えりぴよの真っ直ぐにアイドルを応援する姿に注目したいと思います。

 

推し武道館 アニメ 動画3話アニポ、anitube、kissanime、b9、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

推し武道館 アニメ 動画3話
 

Source: https://g-sword.jp/feed/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事