Ⅿ 愛すべき人がいて/動画配信1話/フル無料視聴/放送地域、放送局ににない時に見る方法

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 
下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

Ⅿ愛すべき人がいて/ドラマ//動画/1話
 

Ⅿ愛すべき人がいて//動画配信/1話あらすじ

テレビ朝日×AbemaTV共同制作ドラマで鈴木おさむ脚本で90年代激動の音楽業界、そして愛―を描いた
『M 愛すべき人がいて』を安斉かれん&三浦翔平のW主演で初めてドラマ化されますね

 歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き、大ヒットした話題作『M 愛すべき人がいて』(小松成美著・幻冬舎刊)に、ドラマならではの彩りを加え、壮大なスケールで連続ドラマ化!です

「AbemaTV」と共同制作にて4月期の土曜ナイトドラマ枠で放送することが決定しました

 福岡から上京し、トップスターに上り詰めていくことになるアユを演じるのはドラマ初主演となる歌手・安斉かれん。

「ポスギャル(ポストミレニアルギャル)」と呼ばれる次世代型ギャルの一人としてデビュー前からファッション・メディアに登場していた安斉は、2019年5月1日に『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』でデビュー。

その完璧なビジュアルから、SNSなどでは本当に実在する人間なのか…と、バーチャル疑惑まで浮上した安斉が、ついにその神秘のベールを脱ぎ捨て、本格的な演技に初挑戦。令和元日にデビューした安斉が平成の歌姫役にいどみます

また、レコード会社「A VICTORY」を設立、日本の音楽史を塗り替える伝説を作り続ける希代のプロデューサー・マサを演じるのは三浦翔平です

Ⅿ愛すべき人がいて/ドラマ化//動画配信/1話みんなの感想

ちょっと遅すぎたドラマ化かな、、とは思いますが、ピークじゃないからこそ、できすぎた話にならないで面白いのかも、、と期待のドラマです。私のようなアラフォー世代なら、男女問わず「浜崎あゆみ」という人物は青春とは切っても切り離せないものだと思います。

全然興味なかったよ!っていう人も、全く影響(いい意味でも、悪い意味でも)受けなかった人はいないはずです。

そのような大スターが、表に出ない場所でどんな人生を歩んできたのか、、噂話として聞いていた恋人との関係等、自分の青春時代を思い出しながら楽しめるドラマになっているのではないでしょうか。主演の三浦翔平さんは、噂されていたあの方とはだいぶ美化されていますが、浜崎あゆみ役の安斉かれんさん、今回はじめて拝見したのですが、浜崎あゆみそっくりでびっくりしました。よりリアルに感じられそうでいいですね。

こういう、今でも活躍している実在の人物を題材にしたドラマって、今まで中々作られてこなかったかと思うので、ドラマ不況と言われている中、どのような評価が得られるのかも気になります。浜崎さんがどの程度このドラマにかかわっているのか、ただの浜崎上げのドラマにならないことを祈りつつ、初回放送楽しみにしてます。

Ⅿ愛すべき人がいて1話//動画配信/ネタバレ

まさに、あゆを聞いて育ってきたような世代にとっては、とても気になるドラマだと思います。

私もちょうど学生時代にあゆが大好きで、曲はもちろんのこと、あゆ本人にとても憧れていました。

『M 愛すべき人がいて』の本が出た時に話題になっており、読みたいなと気になっていたのですが、普段本を読まないこともあり、なかなか手に取る機会がありませんでした。

今回ドラマ化ということで、普段本を読まない私にとっては本を読むよりもドラマの方が気軽に見ることができるので、ぜひ見たいなと思い、楽しみにしています。

また、ドラマの中で90年代のヒットナンバーがたくさん使用されているとのことなので、90年代ソングが好きな方や、その当時によく音楽を聞いていた世代の方にとって、とても嬉しい演出になりそうな気がして、期待が膨らんでいます。

大人になるに従ってあまり音楽を聞かなくなってしまいましたが、90年代は日常的に音楽を聞いており、自分の好きな曲でなくても音楽番組等で耳にしたことがあるような曲が多いので、90年代ソングが多く取り入れられているという点だけでも楽しめそうです。

このドラマを見ながら、青春時代を思い出して感傷に浸りたいなと思っています。

浜崎あゆみさんが歌姫として流行していた当時、本当に大好きで、友達とよくおそろいでグッズを買ったりしていました。

「M 愛すべき人がいて」のドラマ化すると知り、当時の思い出を思い出して、懐かしい気持ちと共に暖かい気持ちを感じました。

当時、浜崎あゆみさんにハマっていた人にとって、青春を思い起こさせるような作品に仕上がっているのではないかと思い、楽しみにしています。

現在は娯楽が多様化しているので必ずしもみんなが音楽を聞いているとは限りませんが、90年代頃は今よりも娯楽が多様化しておらず多くの人が音楽を聞いていて、好きだった音楽や流行っていた音楽を聞くことでその頃の思い出がわーっと思い起こされるという人も多いかと思います。

90年代の音楽が今でも好きという人も多くいるかと思いますので、浜崎あゆみさんのファンでなくても、90年代の音楽が好きな人にとっても楽しめるようなドラマになっているのではないかと期待しています。

「M 愛すべき人がいて」のドラマが始まることを知って、久しぶりに昔の友達に連絡を取りたいなという気持ちになりました。
当時の思い出話などで盛り上がったりして、ストレス発散したいなと思っています。

まとめ

三浦翔平さんは容姿が整っていて身長も高く、イケメン代表なイメージです。こんなにかっこいいのに明るくて面白いところが魅力的です。

見た目の印象が完璧すぎて近寄りがたいイメージでしたが、自然体で場を盛り上げるイメージに変わり、親近感があります。

ものまねのクオリティも高く、バラエティでもトーク力の高さを発揮しています。

三浦さんが出ていると面白くて見入ってしまいます。主役をすることは少ないですが、その分役の幅が広く、どんな役でもこなせるところが魅力的です。振られる役が多いですが、三浦さんの役の方を応援したくなるカッコ良さがあります。
また料理好きというところもポイントが高いです。

他にはファン対応が素晴らしいところが素敵だと思います。

ファンミーティングでも神対応と話題になっていました。イケメンで性格もいいなんてどんどんハマっていきます。そこが魅力だと思います。

また交友関係も広く、友達を大事にしているところが素敵だなと思います。

楽しくて飾らない性格の三浦さんだからこそ周りに人が集まってくるのだと思います。

そして結婚して大人の魅力が増したように思います。桐谷美玲さんのことを話しているのを聞くと、幸せそうだなとこっちまで幸せな気分になれます。

三浦翔平さんと言えば、桐谷美玲さんと結婚したことでも話題となった俳優であり、かつファッションモデルとしても活躍している男性です。
個人的に三浦翔平さんを知ったのは、日本テレビ系列で放送されていた人気テレビドラマ『ごくせん 第3シリーズ』に生徒役の1人として出演していた時のことですね。

その後も、様々なテレビドラマで見かける役者さんだなという印象が強い人ですね。

主演の作品はあまりないのですが、一方で物語の進行上とても重要な脇役をしっかりと演じているのが三浦翔平さんだと思います。

その演じる役柄は多岐に渡っており、作品によって見る側に様々な印象を与えている俳優さんですから、基本的な演技力の高さが窺われます。

きっと役者として、強いこだわりを持って、演技に臨んでいるのでしょうね。

たまにバラエティー番組に出演した時には、お笑い芸人でもないのにそのトーク力の高さに驚かされますし、特技だと言うモノマネもクオリティの高さにびっくりでした。

実際、俳優でなくとも、バラエティー番組メインのタレントとしても十分に人気を獲得できるだろう、マルチな才能の持ち主ですね。
今後、三浦翔平さんが俳優業で演技の道を極めるのか、より幅広い分野での活躍を目指すのか、どちらにしても将来が楽しみです。

Ⅿ愛すべき人がいて//動画配信/1話ドラマ化(安斉かれん&三浦翔平)pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないです

テレ朝ドラマでアベマTVと共同制作ドラマです

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

Ⅿ愛すべき人がいて/ドラマ//動画配信/1話
 

Source: https://g-sword.jp/feed/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事