エアコン事故7月が最多・・・9割火災 内部洗浄液が原因(20/06/25)

エアコン内部の洗浄に要注意です。

 NITE(製品評価技術基盤機構)によりますと、エアコンの事故は2019年度までの5年間で263件起きていて、使用時間の増える7月に最も多く発生しています。事故の9割は火災で、特に注意が必要なのがエアコン内部の洗浄だということです。エアコン内部の配線端子に洗浄液が付着すると異常な熱が生じ、火災につながる恐れがあります。NITEではエアコンの使用時間が増える今年は洗浄を自分で行う人が増えるとみて、知識を持った業者などに依頼してほしいとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事