ドグラ・マグラ

thumbnail image夢野久作原作の同名小説を松本俊夫監督が映像化したミステリー。精神病院に入院する青年の幻想の不思議な世界を描く。監督は「十六歳の戦争」の松本俊夫。ある日、一郎(松田洋治)は精神病院のベッドで目を覚ました。記憶を失っている彼の前に現れた正木博士(桂枝雀)らは、彼が殺人犯であるという。また、隣の部屋からは、彼が殺したと思しき妹(三沢恵里)の声が聞えてくる。何が夢で何が真実なのか、一郎の精神は混乱していく...

このサイトの記事を見る

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事