香港 周庭さん起訴内容認める 民主化運動の「女神」

香港の民主化運動の「女神」と呼ばれた女性が、起訴内容を認めた。

香港の民主活動家の周庭さんや黄之鋒さんらは、2019年6月の抗議活動で、警察本部を包囲するようデモ隊を扇動した罪と、違法な集会に参加した罪に問われていた。

6日の裁判で、周さんは起訴内容を認め、黄さんら2人は否認した。

周さんの判決は、8月5日に予定され、実刑判決が出る可能性もある。

周さんは、中国の「香港国家安全維持法」成立後、所属団体を脱退しているが、裁判後、香港メディアの取材に対し、「香港人は民主自由の信念を勝ち取れるよう頑張ってほしい」などと話した。

(2020/07/07)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

#中国 #国家安全維持法

おすすめの記事