12/12(土)11:02配信SmartFLASH3年ぶりの「民放連ドラ主演」で大当たりの木村12月10日に最終回を迎えたドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系)

1爆笑ゴリラ ★2020/12/12(土) 15:37:16.16ID:CAP_USER9 12/12(土) 11:02配信
SmartFLASH

3年ぶりの「民放連ドラ主演」で大当たりの木村

 12月10日に最終回を迎えたドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系)。初回から2ケタ視聴率をキープし、6話・7話では同局の人気シリーズ『相棒 season19』を超える数字を記録。そして最終回の視聴率は、これまでの最高を更新する16.7%と、有終の美を飾った。

【写真あり】『七人の秘書』木村文乃が絶賛したラーメンの現物

「主要キャスト7人が豪華なうえに、それぞれに個性がありました。展開もテンポがよく、日本人が大好きな『勧善懲悪もの』を1話完結で見せていたのが、高視聴率の要因でしょう」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

 各業界のトップに仕える秘書たちが、“上級国民” を懲らしめていくというストーリーの今作。主演の木村文乃(33)に加え、広瀬アリス(26)、菜々緒(32)、大島優子(32)といった人気の美女や、映画『新聞記者』の主演で注目を集めたシム・ウンギョン(26)が共演。さらに室井滋(62)、江口洋介(52)といったベテラン陣が脇を固めた。

 劇中に、この7人を繋ぐ “食べ物” として登場したのが、江口扮する元政治家秘書のラーメン店主・萬(ばん)が作るラーメンだった。出てくるのはシンプルな、中華そば風の一杯。このラーメンを監修した、神奈川県厚木市にある「中華そば麺や食堂 本店」の佐藤正志店長(40)が話す。

「来店した番組スタッフさんに、突然お願いされて引き受けました。テレビドラマのラーメン監修は初めてのことで、びっくりしましたよ。9月から約3カ月、スタジオに通って、作り方などを教えさせていただきました」

 主要キャストの7人とは、現場で一緒になることも多かったという。

「撮影の休憩中も皆さん、僕が作ったラーメンを食べてくれたんです。女優さんに『作り方を教えてください』と言われて、お教えしたこともありました。

 演技中にもラーメンを食べていますから、みなさん休憩のときは薄味にしてみたり、体のことを考えて麺の量を半分にしたり、チャーシュー抜きで『ネギ、メンマ、海苔』だけにしたりと、アレンジを加えつつ召し上がっていました。

 とくに印象に残ったのは、木村文乃さんが『本当にこのラーメン、美味しいです!』と言ってくれたことです。ご自身のインスタグラムのストーリーにも、アップしてくださいました。ほかの出演者の方々も、『美味しい』と言って完食してくれたのが嬉しかったですね」(佐藤店長)

 初めて足を踏み入れたドラマ撮影。現場では、ふだんは味わえない雰囲気に圧倒されたという。

「やはり皆さん、本番と休憩では別人のようでしたね。『プロは、さすがだ』としか言いようがありません。私は江口洋介さんに直接、ラーメンの作り方を教えたんですが、『麺を上げるタイミング』『麺の湯切り』をプロ並みにこなしていました。話していても本当に優しく、気さくな方でした」(同前)

 劇中に出てくるラーメン店の内観はスタジオセットだったが、外観は都内に実在する店舗が使用されていた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201212-00010003-flash-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2d549a5184283b8326f400e9f61c3dfd67a124d

>>2続く

1爆笑ゴリラ ★2020/12/12(土) 15:37:16.16ID:CAP_USER9 12/12(土) 11:02配信
SmartFLASH

3年ぶりの「民放連ドラ主演」で大当たりの木村

 12月10日に最終回を迎えたドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系)。初回から2ケタ視聴率をキープし、6話・7話では同局の人気シリーズ『相棒 season19』を超える数字を記録。そして最終回の視聴率は、これまでの最高を更新する16.7%と、有終の美を飾った。

【写真あり】『七人の秘書』木村文乃が絶賛したラーメンの現物

「主要キャスト7人が豪華なうえに、それぞれに個性がありました。展開もテンポがよく、日本人が大好きな『勧善懲悪もの』を1話完結で見せていたのが、高視聴率の要因でしょう」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

 各業界のトップに仕える秘書たちが、“上級国民” を懲らしめていくというストーリーの今作。主演の木村文乃(33)に加え、広瀬アリス(26)、菜々緒(32)、大島優子(32)といった人気の美女や、映画『新聞記者』の主演で注目を集めたシム・ウンギョン(26)が共演。さらに室井滋(62)、江口洋介(52)といったベテラン陣が脇を固めた。

 劇中に、この7人を繋ぐ “食べ物” として登場したのが、江口扮する元政治家秘書のラーメン店主・萬(ばん)が作るラーメンだった。出てくるのはシンプルな、中華そば風の一杯。このラーメンを監修した、神奈川県厚木市にある「中華そば麺や食堂 本店」の佐藤正志店長(40)が話す。

「来店した番組スタッフさんに、突然お願いされて引き受けました。テレビドラマのラーメン監修は初めてのことで、びっくりしましたよ。9月から約3カ月、スタジオに通って、作り方などを教えさせていただきました」

 主要キャストの7人とは、現場で一緒になることも多かったという。

「撮影の休憩中も皆さん、僕が作ったラーメンを食べてくれたんです。女優さんに『作り方を教えてください』と言われて、お教えしたこともありました。

 演技中にもラーメンを食べていますから、みなさん休憩のときは薄味にしてみたり、体のことを考えて麺の量を半分にしたり、チャーシュー抜きで『ネギ、メンマ、海苔』だけにしたりと、アレンジを加えつつ召し上がっていました。

 とくに印象に残ったのは、木村文乃さんが『本当にこのラーメン、美味しいです!』と言ってくれたことです。ご自身のインスタグラムのストーリーにも、アップしてくださいました。ほかの出演者の方々も、『美味しい』と言って完食してくれたのが嬉しかったですね」(佐藤店長)

 初めて足を踏み入れたドラマ撮影。現場では、ふだんは味わえない雰囲気に圧倒されたという。

「やはり皆さん、本番と休憩では別人のようでしたね。『プロは、さすがだ』としか言いようがありません。私は江口洋介さんに直接、ラーメンの作り方を教えたんですが、『麺を上げるタイミング』『麺の湯切り』をプロ並みにこなしていました。話していても本当に優しく、気さくな方でした」(同前)

 劇中に出てくるラーメン店の内観はスタジオセットだったが、外観は都内に実在する店舗が使用されていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/a2d549a5184283b8326f400e9f61c3dfd67a124d

>>2続く

70名無しさん@恐縮です2020/12/12(土) 21:06:25.85ID:RRTBKZmv0 >>1
マンさんの取り合いはどっちが勝つんだろうか?

31名無しさん@恐縮です2020/12/12(土) 16:42:01.37ID:1X2f1EwJ0 湯気の出ないラーメン
盛り上がらないドラマ
穴だらけで歪な脚本
1人だけ出番の多い韓国人
七人も要らなかった